6月からの花

今年はつつじの季節が残念な形になりました。

境内に咲いたサツキ

寺に咲いたわずかなサツキがその面影を感じさせます。

梅雨の季節は「あじさい」

寺に咲く紫陽花

6月11日より九州北部も梅雨の時期に入りました。同時に紫陽花も見頃のシーズンに入ります。

こちらもつつじと比べると小規模ですが、契園の「あじさい苑」区画では、群生する和洋各種のあじさいをご覧頂けるようになりました。

緑の鮮やかさとともに、寺にお越しの際はお楽しみください。

つつじはInstagramにて

久しぶりにInstagramにて花(写真)の投稿をしました。

その中には今年咲き誇ったつつじも含まれております。よろしければ在りし日の面影をお楽しみください。

View this post on Instagram

お久しぶりの投稿です。 5月25日、緊急事態宣言が全面解除されました。 新型コロナウイルス感染防止のため、大興善寺はこの宣言が全国的に発出されると同時期に観光受け入れを停止させていただきました。 (現在は解除しております) 結果、5万株のつつじが織りなす無数の花々・・・徒花となりました。 山に模様を描くような花々の競演。現在すべてが枯れ落ち、緑の世界と化しております。 久しぶりの投稿では 在りし日のつつじの面影を忍びながら、今年現地にてご覧いただけなかった花々・今年Instagramを飾れなかった花々の写真を5月いっぱい紹介させていただきます。 こちらの動画は5月2日撮影。大興善寺随一のつつじ名所「一目一万本」です。 今年の大興善寺つつじは遅咲き。この直後大雨にたたられ、結果としてこの日が見頃のピークでした。 山の斜面に模様を描く姿は、近くで見ると「花模様の山」のように映ります。 #大興善寺 #つつじ #つつじ寺 #一目一万本 #佐賀 #福岡 #基山 #鳥栖 #基山町 #景勝地 #満開 #花模様 #5月2日の絶景 #絶景 #amazing #GW #花 #徒花 #ここでは枯れない花 #花名所 #誰もいない場所 #azalea #flower

A post shared by 大興善寺 (@daikouzenji) on