大興善寺紅葉シーズン第一報

詳細が決まりました。直下のリンク先「大興善寺紅葉シーズン案内」「大興善寺紅葉シーズン関連催し」をご参照ください。

以下は、2019年(令和元年)紅葉シーズン関連の第一報として報告させていただいた情報です。

大興善寺の紅葉シーズンは、11月中旬以降を予定しております。

ポスター・チラシ

シーズンに先駆け、今年度の大興善寺紅葉ポスター・チラシが完成しました。

令和元年(2019年)大興善寺紅葉シーズンPRポスター画像
令和元年紅葉ポスター・チラシイメージ

ポスターにつきましては、基山町および近郊各所に掲示いたします。

ポスター掲示ご希望・チラシ配布等につきましては、大興善寺(0942-92-2627)までお問い合わせください。

アクセス

紅葉シーズン中のアクセスは下記の通りです。

お車でお越しの場合

大駐車場をご利用ください。

臨時バス運行(11月16日より)

JR基山駅より、期間限定の臨時バス運行となります。

運行期間

2019年11月16日(土)から11月24日(日)

運行時間・運行間隔

9時40分から16時40分まで30分間隔(ライトアップ期間中は19時10分まで)
大興善寺からお帰りの最終バスは、16時55分(ライトアップ期間中は19時55分)

運賃

大人200円

各種催し(11月16日より)

紅葉ライトアップ「契山の灯り物語」

境内から契園の一角がライトアップされ、幻想的な空間が楽しめます。山寺ならではの紅葉ライトアップを満喫ください。

開催日

下記5日間開催です。

  • 2019年11月16日(土)
  • 2019年11月17日(日)
  • 2019年11月22日(金)
  • 2019年11月23日(土)
  • 2019年11月24日(日)

開催時間

17時から20時

備考

ライトアップ期間中、JR基山駅からのバスが時間延長して運行となります。

国指定重要文化財「多聞天・広目天」特別公開

国指定重要文化財のご仏像「多聞天・広目天」を今秋も特別に公開いたします。

公開日程

2019年11月16日(土)から11月24日(日)

公開時間

未定

きやま門前市「大収穫祭」

今回で4回目を迎える門前市。大駐車場での開催です。

開催日

2019年11月16日(土)

開催時間

10時から14時

開催場所

大興善寺大駐車場

主催

基山町産業振興協議会

福岡大学和太鼓部”鼓舞猿”演奏

福岡大学和太鼓部「鼓舞猿(コブザル)」。様々な地域イベントや幼稚園、老人ホーム、学内行事等で演奏活動や、近年は海外遠征も行っています。今回、お寺での演奏にチャレンジします。

開催日

2019年11月17日(日)

開催時間

11時30分・13時30分

開催場所

大興善寺境内

備考

雨天の場合、中止となります。

もみじコンサート(第20回記念)

計20回を迎えるコンサート。今回は、昼の部に加えまして夜の部も開催となります。

ライトアップ時、スペシャルなLatin Jazzが奏でられます。

開催日

2019年11月24日(日)

開催時間

11時30分・13時(昼の部)

17時30分(夜の部)

出演・演奏内容

昼の部は、ピアノとドラムのアンサンブル

夜の部は、Project Duo(From Tokyo)によるSuper Live

開催場所

大興善寺境内

天台声明公演

どなたでもご参加可能な仏教式典です。仏教音楽「声明」による法要・公演となります。大興善寺境内では、三線の演奏・ 舞踏も催されます。

開催日

2019年11月23日(土)

天台大師御影供法要(10時30分)

天台大師の命日に天台大師影像を掲げて供養する報恩謝徳の法要。

各位の先祖供養も受付しております。

大般若転読会(13時30分)

空の思想を説いた大般若経600巻を転読いたします。転読の梵風にあたると厄を逃れるといわれています。

鳴響の演奏(15時)

鳴響(とぅゆむ)による心癒される三線の音色と舞踏をお楽しみください。

開催場所

大興善寺本堂(天台大師御影供法要・大般若転読会)

大興善寺境内(鳴響の演奏)

JR九州ウォーキング

毎年恒例のウォーキングイベントは、11月末日に開催となります。

開催日程

2019年11月30日(土)

スタート受付時間

8時30分から11時

受付場所(スタート地点)

JR基山駅

入園料・ライトアップ拝観料改定

今年度紅葉シーズンより、契園入園料および紅葉ライトアップ拝観料(大人料金)を500円から600円に改定することになりました。

当寺は、観光関連(入園料その他)につきまして、消費税を納税しております。

2015年(平成27年)の消費税8%改定後も、料金の値上げを避けてまいりましたが、自然護持の負担拡大、そして今回の消費税10%も加わり、やむを得ず今シーズンより価格を改定させていただく形になりました。

観光事業存続のための措置となります。

訪れる皆様には、まことに申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。