福岡・佐賀県境の古刹。山の自然が織りなす観光名所。愛称「つつじ寺」
天台宗別格本山 大興善寺

ゴールデンウィーク中の観光につきまして

大興善寺住職です。

つつじはすでに満開に達し、ご来訪の問い合わせにも「1日も早く」「できましたら本日」と答える機会が多くなってまいりました。

4月20日ごろより、もみじの新緑に加え、つつじの花々が主役に躍り出ました大興善寺。

4月24日の荒天を乗り越え、大半のつつじが、現在(4月27日)も綺麗に咲いております。

ここ数日は、肌寒さを感じる気候となり、咲き誇るつつじにとりましては、元気を取り戻す日々となりました。

この調子ですと、ゴールデンウィークの序盤ないし前半までは、綺麗な花々をご覧いただけると思われます。

ですが「花の命短し」は否めません。できるだけ早い日程でのご来訪をおすすめ申し上げます。

いずれにしましても今週末からの3連休は、「つつじ寺」らしいつつじの花々を体感いただける今年最後の機会です。

5月に入りますと、つつじは脇役へと転じてまいりますが、もう一方の自然観光の主役「新緑」は健在です。

鮮やかな緑の空間と、点在するオオデマリや遅咲きのつつじが、爽やかな初夏を彩っていくことでしょう。

「心の安らぎを求めて」お越しいただく方々には、5月に入りましても価値ある機会になるものと考えております。

ゴールデンウィーク中盤以降も、大興善寺契園での自然との触れ合いを満喫いただければ、幸いに存じます。

JR基山駅と大興善寺を往来するにしてつ臨時バスも5月6日まで予定通り運行となります。

私どもも、5月6日まで予定通りの体制でおもてなしさせていただきます。

大興善寺住職 神原玄應