新年のごあいさつ

あけましておめでとうございます。

昨年中、大興善寺とご縁をいただき、ご参拝を賜りましたことに、厚く御礼申し上げます。

改元の年、世の中の移り変わりのスピードを、いっそう実感することになりました。
振り返りますと、世の中の進歩、そして悲しい事件・事故・天災の連続。
言葉に詰まるような、めまぐるしい日々がつづくなど、「諸行無常」が身にしみる一年でありました。

幸せを実感しづらい時代といえるのかもしれませんが、仏教では、慈悲の心が幸せに導くと説いております。
そしてそれは、誰にでも備わるものです。

本年は、よりいっそう、その心を、みなさまに実感いただければと切に願っております。
その一助として、大興善寺も貢献できましたら幸に存じます。

春のつつじの花々・春初夏の青もみじ・晩秋の紅葉などの自然の美。
そしてお観音さまの大きな功徳も併せ、安らげますような場面づくりに邁進してまいります。

本年も、みなさまがいい一年をお送りくだいますよう、心よりお祈り申し上げます。

令和2年元日 大興善寺住職 神原玄應