福岡・佐賀県境の古刹。山の自然が織りなす観光名所。愛称「つつじ寺」
天台宗別格本山 大興善寺

大興善寺紅葉シーズン終了挨拶(今年の紅葉を振り返り)

12月3日境内

大興善寺住職です。

紅葉シーズン中、たくさんのご拝観・ご参拝ありがとうございました。寺を代表し、厚く御礼申し上げます。

11月より紅葉模様に彩られ、人々で賑わった大興善寺紅葉シーズンも終焉を迎える形となりました(12月4日より通常に戻りました)。

以下、感謝のご挨拶も兼ねまして、今年の紅葉シーズンを回顧してまいります。

10月末には先駆けの紅葉が色づき

契園入口手前の紅葉

契園入口の紅葉(上写真。11月7日撮影)は、大興善寺の中でも真っ先に色づくもみじの木です。

その年の紅葉見頃を示す指標ともいえる重要な存在。

この木が10月末より色づき、11月3日には紅葉と化すなど、近年稀な早い進行具合に驚かされる11月上旬でした。

例年より1週間以上早い寒気の襲来と併せ、先が思いやられる紅葉シーズンの幕開けを迎えることになります。

11月11日には見頃宣言

日増しに紅葉範囲が広がる中、11月11日に見頃を宣言。昨年より5日早い宣言となりました。

大興善寺の人気紅葉名所「契園入口」「八万四千塔最初の塔」周辺は、まさに絶好の見頃(下画像。11月11日撮影)。帯を成すほどの美しい紅葉模様が展開しており、この日の発表となりました。

11月11日朝の契園入口(本堂)

「契園入口」「八万四千塔最初の塔」周辺の紅葉。天候にも恵まれたため、表情を移ろわせながらも11月下旬まで、長い間持ちこたえることになりました(下画像。11月27日撮影)。

11月27日八万四千塔

11月18日から紅葉シーズン真っ盛り

大興善寺では、11月18日から26日までを見頃本番と想定して、事前準備しておりました。

今年は真っ盛りの紅葉に彩られる絶好のタイミングにて、「開創1300年祭」「紅葉ライトアップ」など各種催しも執り行うことができました。

リニューアルとなりました大興善寺紅葉ライトアップ「契山の灯り物語」は、この日より11月26日まで初の連日実施。

11月24日紅葉ライトアップ

光と陰により浮き彫りとなる「多彩な紅葉模様」「醸される夜景」を満喫いただきました(上写真。11月24日撮影)。

ご来寺・ご来園いただいたお客さまには、(大興善寺の艶やかな紅葉模様が)昼夜限らずご好評の様子でしたので喜ばしい限りです。

いっぽう11月とは思えない寒空が続いた今年の紅葉シーズン。

日中の気温も低く、外出がはばかられる状況もありましてか、昼夜とも「人々の賑わい」では、ごった返すような展開も乏しく、今年の紅葉が素晴らしかった反面、(当事者といたしましては)残念でした。

大興善寺の紅葉は長期間展開

11月29日恋人の聖地

大興善寺の紅葉は、広大な契園を中心に展開していくこともあり、近郊の紅葉スポットと比べましても、1週間から10日以上見頃が続くのが特徴(上写真。11月29日撮影)。敷地を転々としながら紅葉が展開していくため、外れの少ない紅葉名所ともいわれております。

今年は天候が崩れる日も少なく、

  • 「早く色づいた紅葉は長持ち」
  • 「遅く色づいた紅葉も加わり」

理想的に展開するなど、当たりの紅葉を拝観いただけたシーズン。良い状態が11月中は続いた様子です。

天寿を全うするように、最後まで燃えるように輝き続け、燃え尽きるように散る紅葉が数多く見られました。

多様化する時代

今年は、いい状態が継続する紅葉に併せるかのように、期間中万遍なくお越しいただいた模様です。

近郊はもちろんのこと、関東・関西をはじめ九州以外からお越しの方も多く見られた今シーズン。

訪日外国人観光客の方々も年々増加しているようです。

小さな旅、列車旅、バス旅、カーシェアリングやレンタカーでの旅など、観光の形も多様化している状況。

それから写真撮影目的でお越しになった方は今年もたくさんでしたが、インスタ映えといった流行語も生まれるなど、写真の在り方も様々に変化していることを実感した年でもありました。

訪れる人々の趣向が多様化する中、大興善寺への参拝・観光にいかに価値を見いだしていただけるかが、今後の課題となりそうです。

そして今年は、御朱印対応が例年に増して多い紅葉シーズンでした。

こちらの対応もきっかけにつながるかもしれませんので、改善に努めて行きたい所存です。

謝辞

冬の気配を感じさせた今年の晩秋。寒々とした季節にもかかわらず、大興善寺まで紅葉狩りにお越しいただきありがとうございました。

美しい紅葉を今年の思い出として、心に刻んでいただけましたら幸いに存じます。

大興善寺住職 神原玄應

最後の写真。小雪降る中、落葉埋もれた契園入口にて12月5日撮影。

12月5日契園入口