つつじ開花情報

4月15日より、こちらで毎日紹介しました「つつじ開花」。

爽やかな新緑の中、4月後半に入り、あちらこちらに花々が咲き誇ってまいりました。

そして5月1日現在、「つつじ寺」というよりも「もみじ寺」の様相を呈しております。

新緑が織りなす風光明媚な空間に紛れ、遅咲きの花がどこかしら咲いているような状況。

これからのゴールデンウィークは、そのような景色が楽しめるでしょう。

つつじの花々の旬は、過ぎ去り、5月に入ることになりました。今回をもちまして、今年のつつじ開花情報の最終更新とさせていただきます。

同時に、今年の開花経過を振り返ります。

今年のつつじを振り返り

今年のつつじは早咲きでした。例年より1週間ほどは早かったのではないでしょうか。

4月17日、久々に花のある開園式を久々に迎えることになりました。

4月20日には見頃宣言。

真夏日の4月22日を越えるあたりで、多くの地点で満開に至りました。

冒頭の動画は、4月23日朝のつつじ名所「一目一万本」の空撮映像です。

わたしも最後の方に少し登場しておりますので、花の規模がうかがえるものとなっております。

ですが映っているのは、一部分。

大興善寺契園ならではの新緑とつつじの織りなす風光明媚かつ豪華絢爛な景色が、園内の至る所に展開しておりました。

その後、雨にたたられましたが、花々は辛うじて無事。

以後数日、肌寒い気候が続きましたので、満開状態を維持できました。

それから4月末に至るまで、よく咲き誇ってくれたものと感謝しております。

重ねまして、4月中訪問の皆様にも、つつじの花々を愛でていただき、厚く御礼申し上げます。

5月に入り

つつじに代わり、もう一方の主役「新緑」がこれからの中心となってくるでしょう。

とりわけ晴天時のもみじの新緑は、鮮やか・爽やかな空間を演出します。

自然に包まれ、自然の息吹に触れることは、健康の源。

園内を巡られる中で、安らぎの世界を体感いただきましたら、幸いに存じます。

おことわり

以後、「つつじ観光案内」「つつじシーズン」といった表記が紛らわしくなり恐縮です。

ゴールデンウィーク中の予定も、こちらの表記・表題の中に組み込んでおりましたので、このまま使わせていただく形になります。

出店や催し(門前市)、臨時バス運行なども下記リンク先に記載してますように、予定通りとなります。

5月1日 大興善寺住職 神原玄應