杜の中の小さな展覧会

今年の紅葉シーズンは、山林が秋色に染まる中、数か所の小屋で「竹灯り」「写真展」「作品展」が催されます(冒頭写真は紅葉名所の小屋「お茶の家」周辺)。

廣瀬孔明写真展「巡航」(終了)

巡航(仏教展示)

古来より、北部九州は仏教が深く根付く土地であった。
神仏習合の始まり、そして廃仏毀釈。
長い時を経て、連綿と続くその思いを
古刹 大興善寺 にて展示する。

写真展「巡航」宣材より

契園の小屋3か所にて、佐賀「大興善寺」・福岡「雷山千如寺」を中心に、仏閣関連の写真展を開催いたします。

展示内容

大興善寺や雷山千如寺大悲王院など由緒ある寺院にて、歴史・伝統・言い伝えを取材。そして歴史の証でもある旧跡や御仏像を写真撮影しました。

それらの写真を主体に、歴史や御本尊の説明も寄せ、インパクトのある展示を行います。

大興善寺契園の小屋3か所を展示利用。

最下部(つつじ2号)では、仏さまを展示。

つつじ2号の紅葉
契園下部の小屋「つつじ2号」

そのほかの小屋では、「大興善寺」「雷山千如寺」にまつわる写真展(その他の仏閣写真も含まれます)ならびに資料展を実施。常設展示の予定です。

廣瀬孔明プロフィール

九州産業大学芸術学部写真映像メディア学科写真専攻。邪馬台国・沖縄・島原天草一揆・元寇・御仏をテーマに制作中。

日程・時間

2019年11月16日から11月24日12月1日

  • 17時まで(通常)
  • 20時まで(紅葉ライトアップ実施日)

紅葉ライトアップ開催時

つつじ2号にて、ライトアップと連動する形で仏さまを照らします。

展示場所など

  • つつじ2号(仏さま展示)
  • 松の家(写真展・資料展)
  • 中客殿(写真展・資料展)

竹灯籠展示(終了)

上客殿の竹灯籠イメージ
日中の竹灯籠イメージ

中腹の上客殿にて、竹灯籠を常設展示いたします。

屋内に暗幕を張っての展示となりますので、日中も灯籠の雰囲気を楽しめます。

現地職人の手作業による竹灯籠です。紅葉狩りの折、ぜひお立ち寄りください。

日程・時間

2019年11月16日(土)から11月24日(日)
(上記日程に変更になりました)

  • 17時まで(通常)
  • 20時まで(紅葉ライトアップ実施日)

紅葉ライトアップ開催時

紅葉ライトアップ「契山の灯り物語」開催時には、夜ならではの竹灯籠をお楽しみいただけます。さらには、この場に至るまでの「あやにしき散歩道」と銘打つ通路も照らされます。

闇夜の道中、光と紅葉が織りなす世界もご堪能ください。

展示場所

上客殿(契園中腹西側)

基山職人の会による作品展(終了)

基山職人の会による作品展・即売会が催されます。

基山職人の会とは、基山町での手仕事やアート活動に勤しむ有志による「ものづくり・まちづくり」グループです。

テレビ朝日「人生の楽園」(2019年6月8日放送回「佐賀・基山町」~ 想いつなぐ仕立ての技 ~)にも登場するなど、注目を集めています。

今回、 職人の会のおひざ元「佐賀県基山町」の大興善寺にて、1日限りの作品展が開催されることになりました。

会場は山林にたたずむ「お茶の家」。色とりどりの紅葉スポットです。

紅葉名所の小屋「お茶の家」

各方面・各分野で評判の職人たちによるクラフトワーク。そして生み出された作品・製品の数々が、この場に集い、お披露目となります。

名所にさらなる彩りをもたらす作品たち。紅葉といっしょに作品展もお楽しみください。

出展(順不同)

陶房 基肄
まるで動き出すかのような陶彫
ふくろう・ゴリラ・うさぎたちを型どった陶彫(陶器の彫刻)。
35年間、試行錯誤から生み出された作品は、色合い、生き物たちの愛らしい表情など独特の風合いをもっています。
今回の作品展では、動物陶彫・独自の釉薬を使った食器類を出展予定です。

日程・時間

2019年11月24日(日)
13時から17時まで

出展場所

お茶の家(「恋人の聖地プレート」から登ったところ)