福岡・佐賀県境の古刹。山の自然が織りなす観光名所。愛称「つつじ寺」
天台宗別格本山 大興善寺

持国天・増長天

四天王の「持国天」像・「増長天」像(上写真)は、国宝殿に安置されました多聞天像・広目天像

の代わりに、ご本尊をお守りする脇士として、京仏師の「佐川定慶」師に造っていただき、1982年(昭和57年)に安置されることになりました。大興善寺の多聞天・広目天両像は、長い年月をかけて染料などが色あせ、素地があらわになりましたが、こちらの両像は、最初から素地があらわな像です。

見仏紀行ブームの火付け役となりましたみうらじゅんさん・いとうせいこうさんの「見仏記」(1993年発行)にて取り上げられたご仏像でもあります。

持国天

四天王のうち東方守護する存在が持国天です。

増長天

四天王のうち南方守護する存在が増長天です。