福岡・佐賀県境の古刹。山の自然が織りなす観光名所。愛称「つつじ寺」
天台宗別格本山 大興善寺

太宰府天満宮本地仏(三位一体像)

こちらのご仏像は、かつて太宰府天満宮に安置されておりました。

平安時代中頃から明治時代初頭までの太宰府天満宮は「安楽寺天満宮」ともいわれ、仏教寺院でもありました。

明治初期の神仏分離令を受ける形で、安楽寺は廃寺。結果として、仏教資産の多くが取り壊され、仏像・仏具関係は、流出などの形で失われていくことになりました。

その渦中に大興善寺が譲り受けた像がこちらになります。

安楽寺のお堂(一説には、心地池の中島にあった本地堂)に安置されていたご本尊。

菅原道真公は、十一面観世音菩薩を本地に持つ神様として昔は伝えられておりました。ですからこちらの十一面観世音菩薩の座像も、太宰府安楽寺天満宮にてありがたい存在として崇められていたものと考えられます。

脇士に毘沙門天・不動明王といった三位一体のご仏像は、天台宗でよく見られる様式であり、安楽寺が天台宗の影響を受けた寺院であったことがうかがえます。

像は各々建立された時代が異なります。毘沙門天が室町時代。十一面観世音菩薩も室町時代。そして不動明王像は平安時代作であり、太宰府安楽寺天満宮を由来に持つご仏像としては、現存する最古のものです。

天神信仰が、学問の神様に移り変わる頃合いでもありました室町時代末期、三位一体像の形で祀られるようになったと伝えられております。