福岡・佐賀県境の古刹。山の自然が織りなす観光名所。愛称「つつじ寺」
天台宗別格本山 大興善寺

薬師堂のご仏像(薬師如来・十二神将など)

薬師如来

薬師如来」(写真中央)は、2002年(平成14年)4月に造られたご仏像。生老病死の四苦に囲まれた人々の日々の展開の中で、病を癒し命長らえるという、根本的な願いをかなえて下さる御仏として崇められております。

「西村公朝」大仏師の指導により、京仏師の「佐川中定」師に、薬師如来像彫刻および、江戸時代初期より伝承されてきた「日光菩薩」「月光菩薩」「十二神将」各像を補修いただきました。

これらのご仏像が安置された「薬師堂」も、九州四十九院薬師霊場会発足記念・午年御開帳記念事業として同年新設となりました。

脇仏「日光菩薩」「月光菩薩」「十二神将」

薬師堂のご本尊は、薬師如来像。その脇仏として存在するのが、日光菩薩・月光菩薩・十二神将です(下写真)。

いずれも小さなご仏像です。とりわけ十二神将は、ユーモラスな表情や仕草のかわいらしさから、参拝者に人気を博しております。