福岡・佐賀県境の古刹。山の自然が織りなす観光名所。愛称「つつじ寺」
天台宗別格本山 大興善寺

准胝観世音菩薩

江戸時代後期の名僧「豪潮律師」が大興善寺に奉納された「准胝観世音菩薩」像。

かつて黒田藩の祈願寺ともいわれた福岡県朝倉市秋月「日照院」にも同様のものがあります。

京仏師「吉田源之丞」作。大興善寺に安置の像は、ほぼ完全な形で残っております。

豪潮律師は、准胝観音の信仰を広めた方としても知られ、「八万四千塔の最初の塔」建立の際に安置なされました。

大興善寺に宗家御霊堂が設置される以前、その場所には「護摩堂」が存在し、こちらのご仏像がご本尊として祀られていたとされております。