福岡・佐賀県境の古刹。山の自然が織りなす観光名所。愛称「つつじ寺」
天台宗別格本山 大興善寺

十一面観世音菩薩(ご本尊・秘仏)

大興善寺の本尊さまは、開創に際し一刀三礼にて刻まれた十一面観世音菩薩と伝承され、本堂内陣に秘仏として安置されております。

幾たびか災禍に遭遇し、栄枯盛衰の沿革が語り継がれておりますが、難を逃れ、今もお厨子の中に厳然として立っておられます。

12年に1度、御開帳の秘仏

御開帳は古来より午年で、最近の御開帳は2014年(平成26年)でした。御開帳が慣例化しましたのは、世の中が落ち着いた江戸時代からと古文書には記されております。

いにしえより「おだいや産前、小松の開帳」と言い慣わされた御開帳の行事は、たいそう賑やかに催され、地域を挙げての一大イベントであったそうです。