ご仏像

大興善寺にあります主なご仏像を紹介します。

ご仏像関連

  • 十一面観世音菩薩(秘仏)

    大興善寺のご本尊は秘仏「十一面観世音菩薩」です。12年に1度のみ御開帳となります。

  • 多聞天・広目天(国指定重要文化財)

    1913年(大正2年)に旧国宝(昭和25年に国指定重要文化財に改定)に選定されたご仏像。平安時代に由来を持つ大興善寺四天王の2体です。

  • 太宰府天満宮本地仏

    明治時代初頭まで太宰府天満宮に安置されていたご仏像です。それまでは菅原道真公(天神さま)の本来のお姿(本地仏)として崇められておりました。

  • 准胝観世音菩薩

    江戸後期の名僧・豪潮律師が本尊として崇められた「准胝観世音菩薩」。律師が大興善寺に奉納された像です。

  • 持国天・増長天

    ご本尊を守護する四天王の「持国天」「増長天」像。「見仏記」に取り上げられたご仏像でもあります。

  • 薬師如来

    薬師堂のご仏像(薬師如来・十二神将など)

    薬師堂に安置されてある「薬師如来」と脇仏の「日光菩薩」「月光菩薩」「十二神将」。
    十二神将はユーモラスなご仏像。違う形でも人気を集めております。

  • 契山観世音

    石仏(契山観世音・お地蔵等)

    お気軽にお参りできるご仏像(石仏)のいくつかを紹介します。