福岡・佐賀県境の古刹。山の自然が織りなす観光名所。愛称「つつじ寺」
天台宗別格本山 大興善寺

恋人の聖地「大興善寺 契山」

恋人の聖地プレート

2012年(平成24年)7月1日、NPO法人「地域活性化支援センター」様が主催する「恋人の聖地プロジェクト」におきまして、当地「大興善寺 契山」が、全国115番目の「恋人の聖地」に選定されました。

山頂での神様の婚儀がその名前の由来とされる「契山(ちぎりやま)」。契山のお膝元で、1300年に渡り、仏様とともに歴史を刻む「大興善寺」。

「大興善寺 契山」は、伝統的に「おかげさま(仏様・神様)」まつわる地です。

「おかげさま」がとりもつご縁

お相手や周りへの感謝・思いやりの精神を宿されることは、恋愛をはじめ、良きご縁に恵まれることにつながります(このような精神も「おかげさま」という言葉で表されます)。

現代は、生活が便利になるいっぽうで、ご縁をとりもつ「おかげさま」の精神に接する機会が減りつつある時代といわれています。古来より「大興善寺 契山」は、「おかげさま」の存在と精神に包まれた、いわば「おかげさまの聖地」として存続してまいりました。

こうした由緒をもつ当地が、尊いご縁・恋愛を求められる方にも貢献できましたらという想いから、今回「恋人の聖地」に選出いただく運びとなりました。

伝統薫る大興善寺の趣き、契山ふもとの「大興善寺契園」での美しい自然とのふれあいを通じ、恋人や仲睦まじい者同士が、「おかげさま」の精神をいっそうご体感いただき、ご縁も温められる機会となりましたら幸いです。

これから良縁を求められる方にとりましても、「大興善寺 契山」に足を伸ばされ、「おかげさま」の世界に触れられることが、より良いご縁にめぐりあうきっかけとなりますこと願っております。

その結果、想いを寄せる方にとりましての「恋人の聖地」として、「大興善寺 契山」を受け止めていただけましたら、大変ありがたく存じます。

「契山」名称の由来

福岡・佐賀に渡る山地である脊振山系の東端部(福岡側)には、基山(きざん)と契山(ちぎりやま)という2つの山が存在します。

契山の名称は、基山から全国に緑の山地をもたらしたとされる神様「五十猛命(イソノタケル、イソタケル、イソノタケルノミコト、イソタケルノミコトとも表記)」の地元にまつわる伝説に由来します。

「五十猛命」が、基山の頂より下界を眺められた際に、地元の美しい娘「さこの姫」を見初められ、その後、基山のとなり山の頂にて、夫婦の契りを結ばれたといったあらまし(の言い伝え)です。

この伝説をもとに、こちらの山は「契山」という名称で知られるようになったといわれています。

縁結びスポット

大興善寺境内・契園のご縁まつわるスポットです。