福岡・佐賀県境の古刹。山の自然が織りなす観光名所。愛称「つつじ寺」
天台宗別格本山 大興善寺

大興善寺契園(ちぎりえん)

晩秋の契園(八万四千塔を見下ろした風景)

大興善寺契園(ちぎりえん)は、福岡県筑紫野市と佐賀県基山町にまたがる「契山(ちぎりやま)」ふもと(基山町側)の山林植物園です。

山沿いにあるドーム球場規模の広大な敷地には、数々の遊歩道が施されています。

起伏の多い小道を巡って頂き、様々な角度から、花や緑など自然とのふれあいを通して、訪れた方が心身を癒され、潤され、尊いご縁に恵まれますことを願い、この場が設けられました。

春は、5万本に上るつつじの花々ともみじの新緑。晩秋は、多彩な紅葉模様が描かれる観光名所に変わります。この時期、ゆるりと山歩きするように散策いただければ、一期一会のときめく場面に遭遇するかもしれません。

春の新緑・つつじ

大興善寺契園「日本庭園」の新緑つつじ風景

大興善寺契園の春。それは新緑が芽吹くとともに始まります。4月中旬には、鮮やかな新緑が山麓を彩ってまいります。

その下を這うように咲いていくのがつつじの花々。4月下旬から5月初旬にかけて、山肌を縫うように咲き誇ります。

この新緑とつつじの花々のコントラストが、風光明媚かつ絢爛豪華な景観を織り成していくのが、契園「春の風物詩」となります。

新緑の見頃(4月中旬から6月初旬)

大興善寺契園の新緑風景

新緑の見頃は、例年4月中旬から6月初旬。

6月以降も、ほぼ同様のもみじ景観を残しながら、園内の「あじさい苑」では紫陽花が咲き、初夏を彩ります。

つつじの見頃(4月下旬から5月初旬)

大興善寺契園「一目一万本」

つつじの花の見頃は、例年4月下旬から5月初旬。大興善寺の愛称「つつじ寺」を標榜するような花々が咲いてまいります(写真は園内のつつじ名所「一目一万本」)。

晩秋の紅葉

契園の秋模様

大興善寺契園の晩秋。山肌を彩る「色とりどりの紅葉」が特徴です。それらの紅葉を園内散策しながら、近くで眺め、上から眺め、下から眺めるなど、様々にご体感いただけます。

契園の下側(入口側)は、旧跡が見下ろせる場所でもあり、周りを彩る紅葉とともに、山寺ならではの晩秋情景に包まれます。

契園下側の紅葉風景

紅葉の見頃(11月中旬から12月初旬)

紅葉の見頃は、11月中旬から12月初旬。

この時期、彩りや場所を移しながら、紅葉が展開してまいります。

開園時間

  • 8時30分から日没まで
  • 8時30分から20時まで(紅葉ライトアップ期間中)

入園料

契園入口の入園券売り場にて、入園料をいただいております。20名様以上の団体受付にて割引となります。以下ご参照ください。

4月・5月・11月・12月の観光シーズン

4月中旬から5月初旬・11月中旬から12月初旬の観光シーズンは、下記入園料(お一人様当たり)となります。

一般20名以上40名以上
大人500円450円400円
小・中学生300円270円240円

観光シーズン以外

観光シーズン以外は、下記入園料(お一人様当たり)となります。

一般20名以上40名以上
大人300円200円200円
小・中学生100円100円100円

契園関連リンク(現地写真等)

契園のイメージなどにつきましては、下記サイト(リンク先)をご参照ください。

大興善寺契園公式Tumblr

2012年からの春の新緑つつじ写真・秋の紅葉写真を経過とともに記録公開しております。

大興善寺イメージアーカイブ(契園)

大興善寺が主催するフォトコンテスト入賞作品の中から、契園が映ったものをご覧いただけます。