紅葉の大興善寺

大興善寺では、例年11月中旬から12月初旬に紅葉の季節を迎えます。

2019年(令和元年)の紅葉シーズン関連につきましては、直下のリンク先をご参照ください。

こちらでは、例年の傾向とともに大興善寺紅葉の見どころなどを紹介します。

紅葉のはじまり(序盤の紅葉)

例年11月初旬にお目見えする1本の紅葉。それは「契園(ちぎりえん)」と呼ばれるドーム球場規模の山林への入口にあります。

契園入口手前の紅葉
契園入口の紅葉

大興善寺では一番早い紅葉です。こちらが散った後、上へ上へと色味を帯びた紅葉が展開していきます。

大興善寺ならではの紅葉名所登場

契園入口階段の紅葉
契園入口階段の情景(紅葉時)

大興善寺ならではの人気紅葉スポット「契園入口階段」。シーズン序盤から中盤にかけて、秋色を深めてまいります。茅葺屋根そして覆いかぶさる紅葉が見下ろせる名所。

こちらが映える頃、大興善寺紅葉の見頃宣言。

旧跡に挟まれた大興善寺紅葉
江戸時代の旧跡に挟まれた紅葉(契園入口階段)

その後、紅葉スポットは日を追うごとに移ろいます。

シーズン中盤以降、入口階段の紅葉一帯が下降線をたどる中、いよいよ山の紅葉(契園の紅葉)が本番を迎えます。

山の紅葉(中盤以降の紅葉)

序盤に色づいた紅葉が翳りゆくとともに、山奥へと紅葉模様が広がります。

山の紅葉は色とりどりです。

上空から見る全体像

契園入口から頂上近くまでの紅葉模様

動画には上空からの山肌(敷地の半分程度)が映っており、契園の紅葉規模をうかがえます。

この場に施された遊歩道を進みながら、さまようように紅葉狩りをお楽しみいただけます。

錦秋ならではの景観

動画のような真上からの紅葉と、現地で間近に遭遇する紅葉では、趣がいささか異なります。

八万四千塔を囲む紅葉群
現地の紅葉はグラデーションを帯びています

様々な色合いが混じり合う紅葉は、見上げる場面・見下ろす場面・光の具合により、表情を大きく移ろわせます。

シーズン終盤まで色彩・場面を変えながらも、錦秋を迎えた山ならではの景観美が繰り広げられます。

寺の紅葉(後半の紅葉)

山の紅葉が本格化するとともに、寺の紅葉(境内の紅葉)も見頃を迎えます。

褐色に染まる仁王門前の紅葉

境内には、仁王門・本堂など佐賀県遺産に認定された歴史的建造物が存在します。これらと紅葉の織りなす風景は、拝観に訪れた方々を魅了します。

落葉の風情もあり

終盤は、落葉の絨毯が敷き詰められます。

紅葉シーズンも終盤に入りますと、落葉が目立つのは否めません。

そのころ境内では、もみじの落葉・イチョウの落葉が石畳を境に散らばり、独特の風情を醸し出します。

寺主催のフォトコンテスト入賞作品も、この光景を収めたものが少なくありません。

古寺ならではの晩秋模様といえるでしょう。

神社の紅葉

熊野神社の鳥居と紅葉

大興善寺は神仏習合の寺院です。境内西側(お隣)に位置する熊野神社の紅葉も、寺の紅葉と同時期に拝観いただけます。

紅葉の終焉

紅葉終焉の大興善寺境内
紅葉終焉の境内

寺の紅葉が終焉を迎えるいっぽう、山の紅葉は規模を日々縮小しながらも続くのが例年の傾向。

契園を登ったところは遅くまで残る場合も

ですが、一気に終わりに向かわせるのは風雨。

山に吹く木枯らしや冷たい雨が、ピーク過ぎの紅葉をふるい落としながら轟音を立たせます。その唸るような響きは、紅葉シーズンの終焉を告げる風物詩となります。

落葉絨毯
木枯らしに落とされた紅葉

紅葉のはじまりから、ここまで約1カ月。大興善寺の紅葉絵巻も完全終幕を迎えます。