福岡・佐賀県境の古刹。山の自然が織りなす観光名所。愛称「つつじ寺」
天台宗別格本山 大興善寺

石段

大興善寺のつつじ名所「石段」

大興善寺の入口でもある127段の石段は、4月末から5月初旬の花名所としても知られております。

こちらの石段。1894年(明治27年)に、当時の住職・玉岡誓音師が地元の協力を受けて改築なさったものです。

それまでは自然岩のでこぼこなど段差もまばらであり、決して上りやすい坂道ではありませんでした。改築後は、大変上りやすい石段ということで、参拝に訪れる方々、とりわけ子供や老人にご好評を得ていたそうです。

これをきっかけに寺への感謝の印として、つつじが石段の両脇に少しずつ植えられていきました。それはやがて、両脇いっぱいに花が咲き誇るほどに達し、地元の春の風物詩としても語られるようになります。

以降、つつじの花を目的に訪れる方が増えていくとともに、大興善寺は敷地や花の規模を拡大し、結果5万本のつつじが咲き誇る景勝地へと変貌を遂げることになりました。

その経緯から、寺が「つつじ寺」となった縁起の地ともいわれております。

イメージギャラリー

関連リンク

大興善寺イメージアーカイブ」にて、大興善寺フォトコンテスト入賞作品の中から石段が映った風景をご覧いただけます。