福岡・佐賀県境の古刹。山の自然が織りなす観光名所。愛称「つつじ寺」
天台宗別格本山 大興善寺

小松内府の小塔

初夏の小松内府の小塔

平安時代末期の武将「平重盛」公の遺髪が埋められたとされる供養塔です。

平重盛公は、小松内府とも呼ばれており、この塔が大興善寺周辺の地名(小松)や山号「小松山」の由来として語られてきました。

近年の説では、小松内府の供養塔が建立される以前、平安時代の大興善寺は「小松寺」と称していたという話もあります。この説から、小松つながりで平重盛公の供養塔が設けられたことも考えられます。