福岡・佐賀県境の古刹。山の自然が織りなす観光名所。愛称「つつじ寺」
天台宗別格本山 大興善寺

八万四千塔最初の塔

八万四千塔最初の塔

現在、大興善寺契園(ちぎりえん)のシンボルとして親しまれております「八万四千塔最初の塔」。

江戸時代後期の高僧「豪潮律師」によって、1802年(享和2年)に発願・建立された宝篋印塔です。

豪潮律師は、肥後国玉名(現在の熊本県玉名市)出身。比叡山で修行を重ねられ頭角を現します。その高徳から孝徳天皇をはじめ中国・四国・九州の諸大名からの信奉も厚く、庶民にも慕われた名僧です。尾張徳川家藩主・徳川斉朝公の病を祈祷により取り除き、加持を成し遂げられるなど、抜群の法力で知られ、書家としても評価の高いお方でした。

当時といえば、天明の大飢饉(1780年代)を過ぎてもなお、飢饉・百姓一揆が絶えない状況が諸国に相次いでおりました。後年の律師は、その鎮魂と諸国安寧の誓願として「八万四千塔」建立の偉業を果たしてまいります。

その始まりが大興善寺。この地に最初の八万四千塔が建立されて以降、大小併せて数千の宝篋印塔が全国各地に設けられることになりました。

それから130年あまり経た1923年(大正12年)。「つつじ園」(現在の契園)創設者の先代住職は、この塔から花園づくりを始めてまいりました。八万四千塔の「八万四千」は、仏教用語で「数えられないほどいっぱい」を意味し、先代はその規模を目指して「つつじ園」づくりに励んだといいます。

以来、時を重ね、八万四千塔の奥地に山を覆うような「数えられないほどいっぱい」の花々が咲き乱れることになりました。

大興善寺にとりましては、いろんな意味で縁起あるモニュメント。基山町の重要文化財でもあります。

現在の八万四千塔最初の塔周辺は、春・夏・秋と「もみじの名所」としても親しまれております。

イメージギャラリー

関連リンク

大興善寺イメージアーカイブ」にて、大興善寺フォトコンテスト入賞作品の中から「八万四千塔最初の塔」が映った風景をご覧いただけます。