雨のち晴れ。紅葉模様と悲喜こもごも

Project Duoと住職の集合写真
コンサート終了後のご出演メンバーとともに

紅葉シーズン佳境の11月24日(日)。メインイベントのコンサート終了後、ご出演メンバー(Project Duo)のみなさんと撮影させていただきました。

さまざまな事象と遭遇した11月24日。てんやわんやの1日でありました。

天気予報は雨一色

11月23日(土)は、今年の紅葉シーズンで最も盛り上がった一日。法要も無事にすすみ、晴れ晴れとした青空のもと、紅葉もきれいで、観光にお越しの方々もご満悦の様子。

盛り上がった状況は大変喜ばしい反面、24日の天気が気がかりでした。

どの情報を見ても、雨天の予報が覆りません。紅葉シーズンの佳境は、この2日といってもいいくらい準備を重ねてまいりましたので、残念な思いが募るばかりでした。

お客様いっぱいの中、コンサート会場の変更など調整をすすめることになります。

午前中は雨

日曜日の朝。雨降る気配の1日を迎えることになりました。

雨天は、当日の客足を遠のかせるばかりか、染まった紅葉を痛めることになり、私どもにとりましては二重の苦難となります。

さらには、24日は基山町の職人さんたちの作品展。この日のメインイベントのもみじコンサートもひかえます。

前日の活況は苦境に一変。

大興善寺ホームページの紅葉情報も、雨天での状況紹介。そして雨降る前提での案内をすすめることになりました。当日夕方からのライトアップ然りです。

この日、雨もぱらつく状況でお越しいただいた方々には、恐縮かつ感謝しかありません。

複雑な心境は寺にいったん預け、法務のため出向くことになります。

午後から秋晴れ

向かう車窓から見える状況も、その後のお天気を案じて、さらに滅入りそうな心境でしたが、午後、寺に戻ってから状況が一変します。

もみじコンサート昼の部も終了の頃合、午後2時あたりには、真っ青な日本晴れに変貌していました。

晴天の大興善寺

信じられない状況に驚嘆。さっそくホームページの雨天時案内に変更を加えることになりました。

それから紅葉の様子を少しばかり観察。

雨で落ちた葉も見られたものの、ほぼ大丈夫。

ひと安心するとともに、庭に散った落ち葉をホウキではわいていたところ、お客様の笑顔がたくさん浮かぶ様子をうかがえました。

さらに、多くの方が目線やカメラ・スマートフォンを向ける方を見ますと、絶景が飛び込みます。

煌めく仁王門の紅葉と撮影される方々
煌めく紅葉と撮影される方々

午後3時から4時あたりにかけて、かつ紅葉シーズン中でも、なかなかお目にかかれない「仁王門前の煌めく紅葉」。西日で輝いています。

ライトアップでも表現できない紅葉のイルミネーションがこの場を彩っていました。

一気に晴れ模様のおかげで、このように輝く紅葉が当日の午後、大興善寺随所にて散見できたものと思われます。

この日のもよおし

当日は、先述のもみじコンサート昼の部以外にも、いろいろございました。関係者のみなさまも、雨のち晴れの天候で、調整が大変であったことでしょう。

せっかくですから、11月24日に行われた催しを、少しばかり紹介いたします。

基山職人の会による作品展

当日現場を訪れた方にうかがいますと、天候が思わしくない中で、基山職人の会の方々も「お茶の家」での作品展ご準備いただいたとのこと。

作品展の様子を、その方から写真で見せていただきました(上写真。小さな画像に触れると表示が変わります)。晴天の紅葉の下、素敵な手づくり作品が集っていた模様です。

これらの作品・職人さんに関しましては、下記でも紹介しております。

それから、今回出展の「TSUKURU」さんは、11月30日開催のJRウォーキングコースにも入っています。

テレビ朝日の「人生の楽園」にも今年出演された、ご夫婦で営まれるお店です。ウォーキング当日も、美味しいコーヒーがいただけたり、手づくりグッズ購入特典が用意されているとのことです。

大興善寺では1日限りの作品展となりましたが、JR基山駅にも、基山職人の会の作品が常設展示されていますので、そちらにも足を止めてみてはいかがでしょうか。

話を11月24日に戻します。

Project Duo出演のもみじコンサート

基山職人の会の作品展が終わる頃、ライトアップ開始。空には雲がかかってはいましたが晴れ模様。

11月24日の境内紅葉ライトアップ
当日ライトアップされた境内

ライトアップ時も天候が崩れることはなく、私としましても安堵しました。

しかしながら、当日のメインイベント「もみじコンサート夜の部」。

雨天変更で進めていたため、ライトアップされた紅葉の下(上写真)ではなく、茅葺屋根の下(下写真)でのコンサートとなりました。

Project Duoコンサート写真
本堂でのコンサート模様

ご出演は「Project Duo」のみなさん。

私が前説を行いましたが、いかなる分野でいかなる音楽を行っているのかわからず、ちぐはぐなものとなりました(そのあと別件で退席しました)。

打って変わって、みなさんの演奏は、大変素晴らしいものであったと、実際にコンサートをご覧になった方にうかがいました。

それもそのはず。各人が各分野のトップクラスの名手。その分野では「日本を代表する」といってもいいほどの音楽家との話。

前評判やコンサートの感想をうかがい、私の前説同様、準備の行き届かない対応、急な会場変更でご出演いただき、恐縮な思いが募る一方でした。

そのような心境もあり、足を運びづらい状況でしたが、周囲に促され、コンサート終了後、会場(本堂)へと向かいました。

そして、ご出演のみなさんにご挨拶。とても気さくな方々で話も弾み、記念の写真撮影にも快く応じてくださいました。

それが冒頭の写真になります。

感謝

コンサート舞台であった大興善寺境内を背にした写真
本来のコンサート舞台を背に

一流の演奏家たちとお話させていただきますと、なおさら当日の天候、そして天候への対応も、何とかならなかったのかと思えました。

昨日(11月23日)の段階で天気が、午後から回復という予報であれば、対応も変わっていたのかもしれません。

ライトアップされた素晴らしい紅葉の下、一流の演奏に酔いしれる、またとない光景がこの場に広がっていたことでしょう。

当日の大興善寺も、11月23日と同様以上に盛況であったものと思います。

いっぽう、予報どおりに雨模様が続いていたなら、ライトアップもコンサートもさまざまな催しも、台無しに近い状況であったでしょう。

ですから、欲を申せばきりがありません。

問題は色々ございましたでしょうが、雨のち晴れの天候は、寺の管理者として本当にありがたいものでした。

そして当日のお客様の笑顔、そしてコンサートのメンバーのみなさんや方々の優しい応対にも救われるばかりでした。

そして現況(11月最終週末)

11月最終週に入り、紅葉はより艶やかになってまいりました。時折の雨天で落ち葉も増え、見頃も後半から終盤へと進んでおりますが、紅葉に関しましては、まだまだ見どころがございます。

境内は落ち葉にも彩られる終盤の紅葉。

境内の紅葉(11月29日撮影)

契園はさらに色味を増した紅葉模様。未だ随所に展開中です。

契園の模様を描く紅葉(11月29日撮影)

ライトアップは今週末が最後。11月も終わりの夜ですから、重ね着でお越しいただくことをおすすめ申し上げます。

先週までの華やかなライトアップとは趣を変え、艶やかでしっとりとした雰囲気でのライトアップになるでしょう。

有終の美を飾る大興善寺へ。ぜひお越しください。